匹見プラスで美都でもお仕事がスタートし

丸3ヶ月が経とうとしている。

 

美都はまだまだ未知の土地だ。

 

そんな中

現在は美都総合支所にお勤めで

過去には

匹見総合支所で一緒にお仕事させていただいたこともある

保健師の吉田眞由美さんからお声がかかった。

 

美都地域をあちこち回りながら

自身の健康を意識し実践へと促し、健康寿命を延ばす

そんな「もっと・ずっと・元気に暮らそうツアー」へのお誘い。

 

とても健康的な生活を送っているとはいえない石橋にとって

美都を知り、自身の健康にも目を向ける

一石二鳥の機会になった。

 

6月23日。

待ち合わせの美都温泉に向かう。

 

11時40分。一台の白いバンが駐車場に停まった。

吉田さんと

益田市社会福祉協議会の生活支援コーディネーターの田村めぐみさんが

バンから荷物を持ち出し、美都温泉に隣接するお食事処「ゆずのき」へ。

田村さんは、自称ヒトミシリ、らしいが

そんなふうにはミエナイ!ぞ。

 

この日の日中気温は30℃近くを記録。

でもマスクは外せない。暑い。

 

クーラーの効いた和室へ入る。

前日夕方、お二人で仕上げたという横断幕。

テープで角を留めていく。

時間が刻々と迫っている。慌ただしく準備が進む。

 

美都地域でも高齢化率があがり

一人で食事をする方々が増える中

益田市内で先駆けて、このツアーが試験的に行われているというわけだ。

 

昨年12月以降、毎月1回のペースで開かれてきたこのツアーは

美都中学校で生徒と一緒に栄養バランスの良い給食を食べながら交流したり

保健師の吉田さんから食事の話を聞いたり体操の指導を受けたり

地域のスーパーに立ち寄って買い物をする、という行程。

 

新型コロナウイルスの影響で

3月以降、ツアーは中止されていたが

自粛規制が解けたのを受け、再開の運びに。

 

 

12時にツアーがスタート。

高齢者の方をはじめ、社協、特別養護老人ホーム「美寿苑(みとしえん)」の職員さんと栄養士さん、美都総合支所の職員さんらも参加。

 

久しぶりの再会とあって、参加者の皆さんの顔はほころんでいた。

 

このたび参加された高齢者の方は

美寿苑さんが主宰されている高齢者サロン「暖暖(だんだん)茶の間」に

集っている方々。

 

だんだん、というと出雲弁で「ありがとう」。

という意味ではなかった。

 

美寿苑さんでは

地域の皆さんが住み慣れた地域で元気に過ごせるようにと

平成28年9月にこのサロンを立ち上げられ

毎週1回のペースで、健康チェックや百歳体操、昼食をはさんで交流の機会を

設けておられるそうだ。

 

後で吉田さんから教えてもらったのだが

いま益田市内で普及している百歳体操。

コチラの美寿苑は美都地域では1号だったらしい。

 

美都は健康づくりの推進地域、というわけだ。

 

 

P_20200623_120926
ツアー冒頭

吉田さんから「一番大切なのは日々の体づくり」だと。

そのためには

「バランスの良い食事」「適度な運動」「良質な睡眠」が大切であると。

 

食事は「皿(数)をそろえる」ことが大切で

主菜、副菜、たんぱく質など毎に皿をそろえていくのがコツらしい。

 

また

水分補給を1日コップ8杯分(1,5りっとるに相当)摂るのを推奨。

 

自身を振り返る。

最近炭酸水を飲んでるけど、珈琲のほうが量が多いかも。

珈琲は体内の水分を奪うため(たしか)

水分補給にはカウントされないはず。

 

吉田さん、こまめに水分摂るように気を付けます!

ファイト!私。

 

 

12時40分。

ゆずのきの料理長さんが腕を振るわれた料理が次々と運ばれていく。

 

P_20200623_123806
メイン料理は、肉―――――。

鶏の唐揚げが5~6個、鎮座しているじゃないですかー。感動!

 

最近のルーティーンで、まずは野菜を完食してから、のお肉。

きれいに平らげた。

栄養バランスもしっかり考えられたメニュー。

私の血肉になってくれよーー。

 

あとで料理長さんご本人から伺ったのだが、ゆずエキスが入っていたとのこと。

暑い季節にはピッタリの果汁入り唐揚げ。

食い気が勝って、ゆずエキスの存在に気づかず。

スミマセン。もっと味わう時間が必要だった。

 

その後は昼寝。と行きたいところだが、そうはさせてくれない。

 

温泉内の広い和室へ移動するとパイプ椅子が整然と並んでいる。

部屋には赤いポロシャツを着た

運動バリバリできますオーラが漂う女性がお出迎え。

太陽フィットネス勤務のSさん。

 

親しみやすい性格で初対面とは思えない気安さで

参加者との距離がぐっと縮まった。

 

P_20200623_133309
基本、パイプ椅子に座った状態での体操で

軽くできるわ!と高をくくっていたが

なんのなんの、日頃声を発しない筋肉のあちこちから

悲鳴が伝わってくる。

 

足を動かしながら、右手と左手で違う動きを求められたり

頭も身体も混乱気味。

 

あっという間の一時間だったが

その夜、本当に久しぶりの爆睡の時を得た。

身体は正直なのだった。

 

ツアーの最後は

美都総合支所近くにある

「Yショップ JAしまねラーバン店」でお買い物。

P_20200623_144425
店頭では、ゼリーの詰め放題など趣向を凝らしてお客様をもてなしてくださった。

 

私は、黒豆とケチャップを買う。

こうみえて(どうみえて?)石橋は人知れず、料理もしている。

 

500円以上買ったところ、お玉ですくったピンポンボールの数だけ

生卵のプレゼント、という

非常にうれしいサプライズもあった。

 

そんなこんなで予定されていた3時間の行程はあっという間に

終了。

 

 

各施設、各人の強みをつなげ

合わせ技にした「もっと・ずっと・元気に暮らそうツアー」。

 

吉田さんや田村さんが入念な事前準備をされ

関係各位が同じ目的に向かって協力し、実践されているからこそ

このツアーはうまくいっているのだと感じた。

 

 

「良いことはコピペしよう」がモットーの石橋は

益田市内の各所にも

美都で生まれた健康づくりの取り組みが広がることを願う。

#益田市美都町#健康づくり#
もっと・ずっと・元気に暮らそうツアー#ヒキミトコーディネーター#まちづくり