美都町へ行こう!

美しい都、美都町。国道191号が走る、山陰・山陽かけ橋の町。 一体どんなお宝があるのだろう。宝探しの始まり、始まり。                                                                          ★「匹見町へ行こう!」の妹ブログです

カテゴリ: 食べる



益田市美都町内で定期的に行われている
「もっと・ずっと・元気に暮らそうツアー」。


このツアーは、バランスの良い食事をとり、健康に関する知識を得て、お買い物を楽しむ、という一連の取り組みを通じて、高齢者の生活を支える目的で実施されています。


2週間ほど前のことになりますが、美都町の三谷地区の高齢者を対象に行われたツアーに同行させていただいたのですが、なかでも、美都学校給食調理場で作られた給食を食べる取り組みは是非、匹見でも実現したいと強く思いました。
IMG_20210331_131449_298
IMG_20210331_131449_305
IMG_20210331_131449_350
IMG_20210331_131449_386


給食を食べる取り組みは学校内を会場に行われており、この日は東仙道小学校の一室が会場になりました。


美都学校給食調理場では、美都(都茂小、東仙道小、美都中学校)と匹見(匹見小学校、匹見中学校)の小中学校の児童と学生あわせて170食分の給食を毎日作られています。


給食前に設けられた栄養士さんのお話が非常にタメになりました。
IMG20210311121405


美都学校給食共同調理場では、
170食分という食数であるからこそ、冷凍物は使わず野菜も手で切り、ホワイトソースも手作りするなど、手間暇かけた献立ができるとのこと。
IMG20210311121207


また食材は、新鮮で栄養価の高い地元食材を使うことに力を入れ、画一的でない献立を作り、食感や香り、味わいなど五感を大切にしているとのこと。


その思いを受け止めるかのように、残飯はほとんどないそうです。


児童や生徒の立場からすれば、給食の作り手が分かる安心感、地域のことを知るきっかけや理解、興味関心が高まり、食文化への理解も深まます。


 地域にとっても、生き甲斐や生産意欲の向上、健康づくり、経済の活性化につながるとのこと。


食材を提供する「あったか市」生産者組合給食部会では、毎月集まって、いつ、誰が、どんな食材をどれだけ提供できるか話し合いの場を持たれているとのこと。


何を隠そう、私の小学生時代の夢は、給食のおばちゃんでした。給食を食べたいばかりに、学校の先生になろうかと考えたこともあったほど。


このツアーへの参加動機は、「給食が食べられること」でしたが
美都学校給食共同調理場が、美都だけでなく匹見の子どもたちの給食も作る拠点であることや、地域食材にこだわられている点、郷土教育にもつながる点など、すばらしい取り組みをされていることを知りました。
これは!!!是非、匹見の住民の方にも給食を食べていただける機会を作りたい!、と強く思ったのです。


現在、美都で実施されているツアーは
・栄養士さんのお話
・給食
・健康教室
・町内商店で買い物
がセットになっているのですが


・栄養士さんのお話
・給食
この2点について
匹見小・中学校を会場に実施したい!


そう思っているのです。


久しぶりに熱量高くお伝えしましたが
これは是非とも!です。


#美都学校給食共同調理場
#益田市美都町
#東仙道小学校
#給食
#ヒキミト


今日の朝食は、うずめ飯
IMG_20210321_085433_664


美都温泉玄関口で毎月第三日曜に行われている温泉モーニング。温泉のある二川地区流の郷土料理「うずめ飯」を提供されています。
IMG_20210321_085433_670


とろみがあってギンナンが入っているのが、匹見流うずめ飯と大きく異なる点。


今日は雨とあって温泉内の休憩所でいただきました。
まかった(出雲弁で旨かったの意)ですわ~。


温泉の開館8時に先立ち、7時30分から9時まで営業されています。地元の方を中心に、キャンピングカーでの泊まり客などがお越しになっていました。
ちょっと早い時間ですが
朝風呂とセットで朝食もいかがでしょう。


また
温泉敷地内の産直市「あったか市」も営業中でした。(8時から19時まで営業)。
ちょうど今、美都いちごの最盛期。あったか市では2種類のいちごが販売されていて、4月いっぱい店頭に並ぶとのこと。
IMG_20210321_085433_731


わたしの大好きな山菜「ウドジカ」。
匹見ではウデジカっていうんですけど。
こちらもたくさん販売されていました。
なんとも言えない苦みがたまらんのですよ。
春ですねーーーー。
IMG_20210321_085433_832


あったか市内には
匹見の商品も並んでいます。
桜の塩漬け、わさび漬け、白きくらげ。今日はなかったけれど、加工グループ「すずしろ市」さんの押し寿司やお餅も取り扱っておられます。
IMG20210321082439
IMG20210321082510
IMG20210321082519


ここ数日で桜が開花しています。
二川公民館前の妙蓮寺さんのしだれ桜もいい感じに。
桜は今週いっぱいが見頃だと思われます。
IMG20210321083029


#益田市美都町二川
#美都温泉
#あったか市
#うずめ飯#

地域自治組織「ぬくもりの里二川」

119675888_3501637966554897_9131737067410427477_o
まず見た目。写真の通り。しんなりしてる。
食べてみた。最初は青臭い。
そのまましばらく口の中でガジガジしてると食べられなくはない。
旨いかどうか。「…」。でも食べられなくは、ない。


こちらの味噌漬けを紹介してくださったSさんに確認したところ
数時間から1週間ぐらいが食べ時らしいですよー。
あと数日様子をみるとともに
味噌も含めて味噌汁にしてみよっかなーと思っています。


上記を踏まえ
ジャンプイン(トライ、挑戦)してみたい人は
試してみてくださいね--.

ちなみに72時間前の様子はこちら↓
119333807_3491949054190455_3562691138563337903_n


#益田市美都町#柚子#青玉#ヒキミト#masudashi

119517377_3491949274190433_3094209750310937760_n
柚子は黄色のイメージしかないけど、黄玉と青玉の呼び方があるらしい。
ちょうど今の時期は青玉と呼ばれる、黄玉になる前の段階。
この青玉がいい仕事をするらしい。
そういえば、ちょっと前に、そうめんの薬味に使われている話をFacebookで紹介させてもらいました。
で、
昨日二川公民館に打ち合わせで出かけたところ
鉢植えで育った青玉を4玉ほどいただいた。
Sさんによれば
輪切りにした青玉を味噌に漬け込むと美味しく食べられる、とのこと。
へーーー。
119183875_3491949150857112_8746091592648687340_n
「で、皆さんはやったことあるの?」
って聞いたら
「やったことない」って。
ちょうど公民館に居合わせた柚子生産者のМさんも
「やったことない」って。
おいおいっ!
体験志向の石橋は
やってみました。
えーかげんなA型ならではの
ダイナミックな輪切り青玉を
最近冷蔵庫の中で寂しく眠っていた味噌の中に
差し込んだのです。
どうなることでしょう。
私にも分かりません。
119333807_3491949054190455_3562691138563337903_n

#柚子#二川公民館#益田市美都町#ヒキミト

もう少し寝ていたい、という欲望をぐっと抑え
片道30分かけて山道を下っていく。

8時20分。目的地へ滑り込んだ。
美都温泉湯元館の正面入口左側で
毎月第三日曜に開催されている「温泉モーニング」。

お目当ては
「うずめ飯」(350円、税込)。

うずめ飯というと
わさびの産地、匹見町を筆頭に
観光地の津和野町が有名。

そんなところへ来ての
美都町二川地区(美都温泉の所在地)の
うずめ飯は、いかに。

うずめ飯
手渡しされたうずめ飯。
きれいなお椀型のご飯の上に
ごまやノリ、ネギが乗っている。
湯気に乗ってごまの風味が鼻元まで届く。

ご飯を取り囲むように配された
とろみのついた濃茶色のスープ。

スープの中にはたくさんの具材がパッケージされている。
まず目に飛び込んでくるのは銀杏。
そして
丁寧に細かく、そして均等にカットされた具材の数々。
こんにゃく、にんじん、ごぼう、しいたけ、揚げ、鶏肉…。

聞けば、揚げと鶏肉以外は
二川地区で育てられたものだという。
地元では鶏肉の代わりに
ちくわを使う家庭もあるという。

片栗粉と、すでに姿を消している里芋が
美味しさを閉じ込めている。

忘れてならないのは
うずめ飯の主役、わさび

ご飯に添えられたわさび漬けも地元産で
辛味が主張する味付けが施されていた。

こちらのうずめ飯は
二川地区に伝えられている味わいで
地域自治組織「ぬくもりの里二川」の温泉部会のみなさんが
再現。

石号ポロシャツ
うずめ飯とコーヒーを提供する温泉部会の皆さんは
おそろいのポロシャツ(石号)を着て
忙しく対応されていた。

朝日を顔に浴びつつ
ふーふーしながら一気に食べた。

その間、地域の人と思しき人たちがひっきりなしに訪れ
うずめ飯や
コーヒー
地元の名水「新屋(にいや)の水」で淹れたコーヒー(100円、税込)を
注文していく。テイクアウトするお客さんも少なからず。

どうやらここは
地元の人たちの交流の場にもなっているようだ。
笑い声が絶えない。

遠景
隣のテーブルにすわっておられた男性4人組の会話が
聞こえてきた。
「三密はだめだけど、壇蜜はいい」。
オジサマたち、すばらしーー。
座布団、2枚あげたくなった。

一昨年6月からスタートした
温泉モーニング。

7時30分から9時までの1時間30分で30食を用意しているが
時間内で完売する。

ポイントカード
ポイントカードもあって
貯まると温泉入浴が無料になるらしい。

食事をする際には
美都温泉内の無料休憩室も開放されていて
そこで食することも可能だ。

8時からは温泉入浴もできる。
新鮮な野菜が買える朝市も営業中です。

次回は7月19日(日)になりますね。
ぜひお出かけくださいませ。
#美都温泉#益田市美都町#ヒキミト#ぬくもりの里二川

★温泉モーニングチラシ-1
温泉×モーニング、の合わせ技。
早起きは三文の徳。こりゃいかんといかんでしょ。
ちょっと早いけど、早起きして出かけてみよう。


うずめ飯といえば、わさびの特産、匹見があまりにも有名だけど、
美都でもうずめ飯が食べられるらしい、と聞いて、
体験思考の石橋は馳せ参じようと思っているわけです。


匹見と美都のうずめ飯の違い。
また報告させていただきますね。


うずめ飯食べたあとはどうしよう。そのあと考えるとしよう。

#益田市美都町 #美都温泉#モーニング#うずめ飯  #ヒキミト

目を疑いました!!

飲み放題+メニュー表にある全てが食べ放題という
前代未聞(石橋の歴史上)の男前企画。
P_20200611_125042


行かんと損デスよ。
3100円は美都(310)だからだそうです。

美都温泉ゆずのき
0856-52-7211
水曜定休


写真2枚目は石橋好物、ハジメのからあげ定食。1070円。P_20200611_123128

ついに、遂に、ツイに!!!!!!

「潜入」デキタ。


美都町二川にある軽食「双川」(そうせん)。

 

1度目。

ネット情報では営業日のはずなのに

何度電話しても、つながらない。

で、断念。

 

2度目。

電話なしで店の前に。

ネット情報では営業日のはずなのに。

 

そして3度目。

5月29日。

金曜日だから、さすがに営業しているでしょ。

 

12時30分。

店の前に車を滑り込ませる。

数台の車が停まっている。

 

P_20200529_132015

店の前に立つ。扉が開く。店に入る。




P_20200529_131843
かつてはスナックだと思しきカウンター。

カラオケにも使われているであろう、大きなテレビ画面。

 

店内には先客が3名。

カウンター越しに現れた女性。

笑顔だ。

 

目で会話する。

(初めてお邪魔したんですけど)

(そのようですね)

(時間帯的に、メニューは定食ですよね!?)

 

「定食いただけますか?」

「はい」(笑顔)

 

カウンターの右端に座る。とにかく際が落ち着く。

奥のキッチンで食材に火を通す音が聞こえてくる。

一から手作りか。

 

店内で流れているテレビの音を聞く。

自粛解除とはいえ、コロナ報道は続く。

 

涼しい空気が流れる。

クーラーが効いている。夏は近い。

 

スマホチェック。スケジュール確認。

先客の会話を通して地元情報をキャッチ。

 

そうこうしていると

お盆に乗った定食が目の前に。

 

P_20200529_123647
久しぶりのイカ刺し!

さきほどまでフライパンで炒められていた鶏肉!!

味噌汁がうまい。ご飯がすすむ。

玉ねぎの酢漬けもナカナカ。

ひじき入りの煮物。果物。

 

そろそろ終盤に近づいたとき

コーヒーが運ばれてきた。(!)

なんと、嬉しいサービス。

 

支払いのときに

店の情報を聞いてみよう。

P_20200529_131902
壁に貼られたホンモロコの情報も気になる。

 

事前に確認事項を手帳にメモ。

 

いよいよ、その時がきた。

定食700円。

美濃商品券と現金とのハイブリット払い。

 

すかさず話しかけてみた。

 

営業時間は? 11時30分~22時30分

定休日は?  火曜

昼以外の時間帯は単品メニュー(麺類)。

アルコールあり。

予約すればホンモロコが食べられる。天ぷらがイチオシとのこと。

 

カラオケが楽しめる!

6曲で1000円。予約不要。

よし、今度、双川へ行ってみよう!

 

問い合わせ

電話0856―52-3508

 

 

 

茸屋「寺ケ溢」(きのこや てらがえき)の名で 益田市美都町都茂で椎茸を栽培されている山田祥二さん。 山田さんのご紹介で 美都で椎茸栽培をされている生産者から集荷された 椎茸の選別作業があると聞き、
5月12日午後 益田市遠田町にある選別場を訪問。

到着すると3人(その後4人に)の方が
選別作業に大忙し。

予め集荷された乾椎茸を
サイズの大きさによって3種類(正確には4種類)に分かれる
機械に通して、選別。

それを更に
①整った丸型と変形
②巻きの大きさ(大中小)
 (※ここまでで6分類)
③バレと呼ばれ、周辺が欠けているもの
といった具体に手作業で合計7分類されていました。

これは年に1回、この時期に行われる作業とのこと。

山田さん、スタッフの皆さん
お忙しい最中に
ご対応いただき、有難うございました!

美都町都茂にある食堂「武」。
今日もごやっかいになりました。

午後から美都出勤だったため、到着は13時近くに。
これが幸いして、日替わり定食ではなく
噂の焼き飯を注文することができました。
P_20200512_130445


ママさん、手間をかけてしまいゴメンナサイ。

ちょうど店内には2人のご婦人もいらっしゃって
「武の焼き飯は美味しい」と絶賛。
「オムライスもおいしい」らしい。次回のお楽しみに。
初対面同士で仲良くなれる「氣」がある。

ほどなくママさんが運んできてくださった焼き飯は
ピーマン、玉ねぎ、にんじん、卵が小さく刻まれていた。
玉ねぎの透明度が半端なく、丁寧に、そしてしっかりと
火と油を通されたことがわかる。

塩コショウがしっかり効き
豚肉の旨味が広がった。

中華スープもついて600円。

一度お試しあれ。

ご婦人とママさんたちのやりとりを聞いていたら
5月20日(水)の日替わり定食のメールは天ぷらになる予定。

武さんの天ぷらもおいしいらしいので
気になる方は足を運んでみてくださいね。

ではでは、そういうことで仕事始めます。

#益田市美都町#益田市ランチ

このページのトップヘ