美都町へ行こう!

美しい都、美都町。国道191号が走る、山陰・山陽かけ橋の町。 一体どんなお宝があるのだろう。宝探しの始まり、始まり。                                                                          ★「匹見町へ行こう!」の妹ブログです

タグ:ランチ

美都町都茂にある食堂「武」。
今日もごやっかいになりました。

午後から美都出勤だったため、到着は13時近くに。
これが幸いして、日替わり定食ではなく
噂の焼き飯を注文することができました。
P_20200512_130445


ママさん、手間をかけてしまいゴメンナサイ。

ちょうど店内には2人のご婦人もいらっしゃって
「武の焼き飯は美味しい」と絶賛。
「オムライスもおいしい」らしい。次回のお楽しみに。
初対面同士で仲良くなれる「氣」がある。

ほどなくママさんが運んできてくださった焼き飯は
ピーマン、玉ねぎ、にんじん、卵が小さく刻まれていた。
玉ねぎの透明度が半端なく、丁寧に、そしてしっかりと
火と油を通されたことがわかる。

塩コショウがしっかり効き
豚肉の旨味が広がった。

中華スープもついて600円。

一度お試しあれ。

ご婦人とママさんたちのやりとりを聞いていたら
5月20日(水)の日替わり定食のメールは天ぷらになる予定。

武さんの天ぷらもおいしいらしいので
気になる方は足を運んでみてくださいね。

ではでは、そういうことで仕事始めます。

#益田市美都町#益田市ランチ

美都の穴場食堂、発見。

灯台下暗し。


P_20200423_120710
その食堂は、美都総合支所の目と鼻の先。

レンガ造りの店構え、でも看板などは一切なく

教えてもらわなければ分からない。




P_20200423_120733
あるのは玄関口に控えめに掲げられた「春夏冬中」(秋が無い=商い中)のプレートのみ。

 

その店の名は食堂「武」。

 

扉を開けると

多分、否、間違いない。昔はカクジツにスナックであったであろう店内。

(その後の聞き取りで、スナックだったことが判明)

 

P_20200423_120607
12時を過ぎ、Tさんと店に入ると

すでに店内には数人の客が。

カウンター越しにママさんたちと会話を楽しみながら食事中。

皆さん、常連さんという雰囲気。

 

初入店だったため、今一つ勝手がわからない。

テレビが置かれた奥の一角に席を取る。

 

メニューはどこだ。

 

カウンターの端っこに座っていた女性が

「ここですよ」。と親切に教えてくださった。

 

P_20200423_121323
バインダーに無造作に挟み込まれたメニュー表を広げると

上から下までメニューがずらり。

 

どれにしようかな、と思っていたところに

ママさんがやってきて

「日替わり(武ランチ)でいいでしょ!」と一言。

「あっ、はい」「日替わりで…」

 

P_20200423_120549
カウンターの向こうに立つママさん2名。

どっちがナンバー1で、どっちが2なんだろう。

 

っと、そんなことを考えながら

久しぶりにテレビとご対面。そう、我が家にテレビは無い。

相変わらず、コロナ報道ばかり。

 

10分ぐらい経っただろうか。

日替わり定食が運ばれてきた。

 

「!」。

 

そのボリューム感に目が釘付け。

P_20200423_121441
オムレツの中は、ジャガイモの塊などいろんな具材がゴロゴロ。

わらびの酢漬けも絶品。

味噌汁の中の厚揚げにも味付けが施されていた。

繊細な切り方がされていたキャベツがみずみずしい。

聞けば、使う食材のほとんどが自家製野菜を朝採りしたものだとか。

不足する野菜は、あったか市(美都温泉隣接)で買い求めるという。

地産地消を心掛けているとのこと。

 

いくつかの小鉢は

それぞれに計算されているかのように細やかな味付けが施されている。

ごはんのおかわりができるらしいが、その必要がないくらいお腹を満たしてくれた。

 

ママさん二人は手を動かしながら、お客さんとの会話も実に滑らかだ。

とても「器用」なのだ。

 

聞けば、スナックだったこの場所に店を開いたのは平成28年3月28日。

とはいえ、食堂「武」の歴史は古い。

昭和47年11月、美都総合支所庁舎に隣接する形で
3階建てのコミュニティセンターが竣工したのに伴い
山根武志さんが奥さんの恵美子さんとその1階で店を始めた。


確認していないが、店名は武志さんの名前をとっているのだろう。

 

長年、地域住民の胃袋を満たしてきた「武」だったが
平成16年11月の市町村合併で市職員数も減り
だんだん利用者は少なくなり
追い打ちをかけるように平成20年1月に武志さんが死去。

 

そんな中にあっても恵美子さんは
「美都町都茂地区の唯一の食堂がなくなると地域が衰退してしまう」という思いから

現在の場所に移転し、義姉の滑子(かつこ)さんと二人三脚で店を切り盛りしている、というわけだ。

 

営業時間を確認すると、「(モヤモヤモヤ)…」。

それでも懲りずに確認したところ

「ランチ営業は11時30分からでお客様がいなくなると同時に閉店」。

「なんだけど…」

 

なんだけど、何?

 

「8時頃から店を開けていて、珈琲を飲みに来るお客さんもいるし、午後も店にいるとお客さんが入ってきて…(対応するそうです)」

 

改めてメニューについて。

メニュー表はあるけれど、現実的には日替わり定食に集約されていて

メニュー表に書かれているメニューを日替わり定食に織り込んでいる感じ。といったほうが適切かもしれない。

 

P_20200423_121237
例を挙げると、オムライスや焼き飯など
一品メニューが日替わり定食の一品として織り込まれ、そこに数品つく
といえば伝わるだろうか。

時に、うどんとごはんと小鉢数品。といった具体に
「炭水化物の日」(某職場で、そう命名されていた)があるそうな。

 

一言でいうと、臨機応変な食堂なのだ。
って言ってもいいのかな?

 

土日祝は休み。

だが、予約があれば対応するし、場所貸しもする。

弁当の対応も毎日できるそうだ。

 

冷凍食品など(たぶん)一切使わず
手作り率100%(と思われる)定食。
しかも一品一品手が加えられている。
で、料金は税込600円とあって文句なし。

 

飾らないオープンキャラのママさんたち。

食事とママさんに会いに一度は訪ねてみては。

多分初対面でもすぐに打ち解けることができるはず、否、きっと。
間違いない。

 

●食堂「武」

美都町都茂1803-3

0856-52-2841

このページのトップヘ