美都町へ行こう!

美しい都、美都町。国道191号が走る、山陰・山陽かけ橋の町。 一体どんなお宝があるのだろう。宝探しの始まり、始まり。                                                                          ★「匹見町へ行こう!」の妹ブログです

タグ:益田市美都町

11月3日匹見み都イベントチラシ-1
待ってましたーー!
みなさーん、石見神楽を鑑ることができますよーー

匹見と美都の神楽社中が集結!!!!
存分にご覧くださいませ。

「匹み都」(ひきみと)。あれっ?どこかで聞いたような。

★詳細は週明けに確認して再度ご案内します。
 個人的に「入場制限」のところをもう少し詳しく知りたいので。

いずれにしても、です。
11月3日は美都町にある「ふれあいホールみと」へ
全員集合ですよーーー。

さすが、美濃商工会さん!!!
企画して下さり、有難うございます!

★前売り券が購入できるところ
・美都温泉
・道の駅サンエイト美都
・ラーバン
・ふれあいホールみと
・仙道アポロ
・ローソン・ポプラ美都仙道店
・大将
・道の駅匹見峡
・グラントワ
・益田市観光協会
・美濃商工会本所・匹見支所

★お問い合わせ
美濃商工会
電話0856-52-2537


#イベント#益田市#益田市美都町#匹み都#ヒキミト

★ゆずボランティアチラシ
いやー。ほんと、これ早いもん勝ちです。
来週から本格的に募集が始まるんで、
コチラのチラシをみて参加したい!と思った方は、
明日朝一で申し込んでほしい。
明日が「勝負」の日なんじゃないかなー。だって参加枠が10名なんだもの。

参加対象は、コロナの影響を考慮して、
益田市内在住の方限定なんですが、
市内の方でも、意外と美都の柚子のことを知らない方も少なくないのでは!

イベントが自粛される中での貴重な体験。
楽しみながら勉強にもなって、生産者にも喜ばれるという、なかなかの企画です。

1人でも、親子でも、お仲間と。
善は急げ、です。

#柚子
#イベント#ボランティア#masudashi#益田市美都町#ヒキミト

★牛01
うしーーーーーーーーーーー。
牛、好きなんです。癒されます。好きです。
★牛02
こちらの牛のフォルムもステキ!

あっ、今日は牛の話題ではありませんでした。
熊、くまです。
今年はすこぶる美都での出没が多いそうです。
私も人生の中で3回ぐらい遭遇したことがありますが
超ボエー(石見弁、出雲ではオゾヤナー)です。

ところで
「熊棚」(クマダナ)って知ってます???
私もМさんに教えていただいて知った程度なんで
詳しくは分からんのですが
★熊の寝床

熊棚は、熊が木に登り、枝を折って餌(栗とか)を食べるとき
その引き寄せた枝を
よいしょ!と腰を上げて、お尻の下にはさんで作っていくものらしいんですよー。
自分の体重で押し固めながら完成させていくという熊なりの知恵なんでしょうかね。

熊さん、器用ですね。
でもでも、ぬいぐるみはかわいいけど
実物はこわいよねー。
あ、向こうは向こうで人間が超こわいらしいんですが。
味覚の秋。
栗だけでなく柿も実る時期ですね。
皆様、お気をつけ下さいね!
★枝おれ

★栗


あっ余談ですが
栗を食べたあとのう〇こはオレンジ色らしいでーーす。

#益田市美都町#熊#masudashi#hikimito#ヒキミトコーディネーター

いよいよ浜田へも「進出」。

益田市美都町二川に、そのルーツがある柴犬の祖犬「石号」。

地域自治組織「ぬくもりの里二川」の
潮会長、小原さん、木原さんが
浜田市のケーブルテレビ「石見ケーブルビジョン」さんを
訪問され、
石号のキャラクター公募についてPRされました!
120157258_3517998634918830_5250749629078105339_o

9月25日17時からの情報番組「Moriっと」に登場されます。
翌26日18時からと24時から(起きてるかー!)で再放送されます。
★浜田市の皆さん、みてくださいねーー

#masudashi#益田市美都町#石号#石号キャラクター公募#地域自治組織「ぬくもりの里二川」

さすがです。Sさんの職人魂をみました。
河原の石を使って完成させたという可動式犬用の足湯。
119487287_3495552873830073_2516326487500276249_o

11月2日に予定されている
愛犬同伴必須の体験モニターツアーで初お目見えします。


主催は益田市美都町の
地域自治組織「ぬくもりの里二川」さん。

マップを活用したお散歩あり、犬用ピザづくりあり、足湯体験あり、と
楽しい時間になること間違いなし。


参加料無料で、ただいま3組を絶賛募集中です。

当日の写真撮影・活用や、報道機関への取材のご協力がいただける方が対象となります。

より詳しいイベント情報はこちら→



「面白そう!」と思った方、下記へご予約下さいませ~
地域自治組織「ぬくもりの里二川」さん

電話0856-52-2241(平日8時30分~17時15分)

#益田市美都町#地域自治組織「ぬくもりの里二川」#足湯#柴犬の祖犬「石号」

119517377_3491949274190433_3094209750310937760_n
柚子は黄色のイメージしかないけど、黄玉と青玉の呼び方があるらしい。
ちょうど今の時期は青玉と呼ばれる、黄玉になる前の段階。
この青玉がいい仕事をするらしい。
そういえば、ちょっと前に、そうめんの薬味に使われている話をFacebookで紹介させてもらいました。
で、
昨日二川公民館に打ち合わせで出かけたところ
鉢植えで育った青玉を4玉ほどいただいた。
Sさんによれば
輪切りにした青玉を味噌に漬け込むと美味しく食べられる、とのこと。
へーーー。
119183875_3491949150857112_8746091592648687340_n
「で、皆さんはやったことあるの?」
って聞いたら
「やったことない」って。
ちょうど公民館に居合わせた柚子生産者のМさんも
「やったことない」って。
おいおいっ!
体験志向の石橋は
やってみました。
えーかげんなA型ならではの
ダイナミックな輪切り青玉を
最近冷蔵庫の中で寂しく眠っていた味噌の中に
差し込んだのです。
どうなることでしょう。
私にも分かりません。
119333807_3491949054190455_3562691138563337903_n

#柚子#二川公民館#益田市美都町#ヒキミト

★商品券チラシ
1人最大20,000円(4組)のプレミアム商品券の販売が始まります。
美都や匹見に住んでいない方でも購入できますよー
石橋も購入します。

来週の9月14日から販売開始。
先着400組限定。早い者勝ちですーー!

#益田市匹見町#益田市美都町#美濃商工会#プレミアム商品券#ヒキミトコーディネーター

新聞記事
中2の頃だったと思う。
記事冒頭は、イトッチこと伊藤君のカッコいいエピソード。

これまで私の過去について触れられた記事はなかったと記憶する。
浜畑記者さん、よくぞ深堀りしてくださいました。有難うございます。

すべての経験や出会いが今の私をつくっている。
無駄なコトやモノは皆無だった。
ドミノ倒しのように、一つの体験が次へ次へと繋がって、今ここに立っている。

今日までご縁をいただいた人が一人でも欠けていれば、今の私はいません。
すべてのみなさまに感謝です。

2020年9月7日。
自身の人生の原点に立ち返る日となりました。

#益田市美都町#益田市匹見町#ヒキミトコーディネーター

バランスの良い食事を!って言われても
なかなかそうそう、簡単にできんのよね。
私のように面倒くさがりな人間に、手を差し伸べてくれるのが、コノ連携企画。
店頭

豚しゃぶ

冷ややっこもいいけど
そこに、豚しゃぶとトマトときゅうりと青じそ・ねぎと枝豆なんかを
トッピングしてみる。
そうすると
たんぱく質がグンと増えるよ。と、そんなアドバイス。
ここは
美都総合支所の目と鼻の先にある
「YショップJAしまねラーバン」さん。
株式会社エイト(美都学校空食共同調理場 委託事業所)の管理栄養士さんの協力を得て
日頃の食生活に、少し改良を加えるだけで
バランスのとれた食事がとれることを提案されています。
ラーバンさんでは
管理栄養士さんが作成された献立に呼応し
それまで置いていなかった豚しゃぶや枝豆を店頭に並べ
作り方のチラシも作成されるなどして
少しでも地域の方が挑戦しやすいように配慮されています。
素晴らしい連携プレー。
点と点をつなげて線にし、面して、一つの取組を結実されています。
私も見習いたいものです。

#株式会社エイト #美都学校空食共同調理場 #YショップJAしまねラーバン #益田市美都町

暑くなりました。

7月2日は美都勤務。

 

美都総合支所にいたら、声がかかる。

JA美都支店のATM付近で、手作りマスクが無料配布されている」と。

 

スマホとペンと手帳を片手に

Оさんと向かう。

 

おのずと取材魂がうごめく。

 

支店の一室に女性の皆さんが着座されておった。

どうやらこれから会議らしい。

 

P_20200702_130717
ATM
に人だかりが。

2つのカゴに山盛りのマスクを発見。

 

サイズも数種類。

暑さに備え、薄手の布で作られている。

 

取材開始。

 

手作りマスクを手掛けられたのは

JA西いわみ女性部美都支部およびJAしまね美都支店職員の皆さん。

 

P_20200702_130625
「おもてなしプロジェクト」の一環として

山陰中央新報さんで紹介されていた記事を参考に

暑い夏でも快適に過ごせるようにと

3日間かけて延べ29名の方がミシンを使って夏用のマスクを作ったのだそう。

その数、なんと120枚。

うち70枚を美都支店のATM付近で無料配布することになった、というわけ。

 

初日となった2日

マスクを求めて次々と人が訪れていました。

 

P_20200702_132501
今日は3日ですが、まだあるかなー。

ほしい方は

早めに美都支店のATMに足を運んでみてくださいねー!

 

ちなみに今日は

こちらでいただいたマスクを着用していますが

スースー風通しもよく快適です。

男性サイズの大きいサイズをいただいたから

顔がすっぽり隠れますね。

 

それはそうと

いくらマスクで顔を隠していても

結構バレるものですね。

 

#JA美都支店#ヒキミトコーディネーター#まちづくり#益田市美都町

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップヘ